2017年9月21日木曜日

第4回西北都けん玉大会のご案内2017年10月29日

第4回西北都けん玉大会のお知らせ
日時 20171029(日曜日)
会場 東京都 板橋区仲町地域センター3階 第2和室
主催 東京豊島けん玉道場 板橋けん玉サークル

受付930
開催10
1部 5選技部門 ※和室での開催のため、正座技が追加されました。
   (予選(ポイント制)後に、トーナメント選で優勝を決定する大会)
2部 サバイバル部門
3部 もしかめ部門
参加費 1人300円 
持ち物 けん玉(公認けん玉あるいは同じサイズのけん玉であれば可)、(靴下:裸足では入室できません)

問い合わせ
ikendamac@yahoo.co.jp
(板橋けん玉サークル 麻田)
shu65@me.com
(
東京豊島けん玉道場 吉本)

件名に「西北都けん玉大会」とご記入ください。


事前申し込みはこちらから↓


☆5選技部門は以下の技からの選択になります。



正座技は、特別メニューとなり、1.5レベル、2.5レベル、3.5レベル、4.5レベル、5.5レベルを追加しました。
予選通過者は上位8名です。


生き残り部門(サバイバル)
 初心者クラス、中級クラス、上級クラスに分かれて行ないます。
 上級クラスは、「すべり止め極意〜極意渡り」ができたことがある人が対象です。
 中級クラスは、「すべり止め極意〜極意渡り」はできたことがないけれども、「世界一周」ができたことがある人が対象です。
<<初級>>
1,おにぎり大皿
2,大皿〜大皿ジャンプ5
3,小皿
4,中皿
5,ろうそく
6,手のせうぐいす〜大皿
7,とめけん
8,前ふり中皿
9,前ふりろうそく
10,とんぼ
11,大皿ストライク
12,手のせ大皿〜けん
13,飛行機
14,もしかめ10
15,らくらくひっつき虫

<<中級>>
1,とめけん
2,前ふりろうそく
3,おみこし
4,飛行機
5,ふりけん
6,野球けん(1塁打)
7,県一周(中皿〜けん)
8,日本一周
9,手拍子つるし持ち(手拍子2回以上)
10,手のせうぐいす〜けん
11,空中ブランコ
12,灯台
13,世界一周
14,けん先すべり
15,さか落とし
16,はねけん

<<上級>>
1,さか落とし
2,地球まわし
3,うらふりけん
4,宇宙一周
5,うぐいす〜けん
6,つるしとめけん〜地球まわし
7,玉つきさし(天中殺)
8,はねけん
9,灯台〜けん
10,金魚すくい〜大皿さか落とし
11,つるし飛行機〜はやて中皿
12,うぐいすの谷渡り
13,すべり止め極意
14,けん先おもてうらすべり
15,つるし一回転飛行機〜灯立
16,天地二段
17,すべり止め極意〜極意渡り
18,二回転飛行機
19,月面着陸〜さか落とし
20,二回転灯台

2017年9月11日月曜日

第4回西北都けん玉大会は10月29日に決定!

第4回西北都けん玉大会は、10月29日(日)に決定しました。

受付は9時30分〜 開始10時〜
会場は、板橋区 仲町地域センター(和室)です。

詳しくは、後ほどアップします。

2016年10月22日土曜日

第3回西北都けん玉大会の結果報告10月22日

2016年10月22日(土)13時30分開場 14時開始
会場は、まなぽーと成増 成増生涯学習センター(旧成増社会教育会館)
主催は、東京都支部、埼玉県支部、板橋けん玉サークル、豊島支部けん玉道場で行いました。
開会のあいさつ
エントリーは24名
3つの部門でけん玉競技を行いました。
選技部門では、今回は5つの技を各3回とし、自己審判という方法で行いました。
予選の様子
1つの技を3回行い、3回連続成功すると+10点のボーナス点が加算され、合計点で競いました。24名中8名がトーナメント戦に。
予選上位8名の点数は
1位 125点(パーフェクト賞)
2位 122点(パーフェクト賞)
3位 119点(パーフェクト賞)
4位 104点
5位  90点
6位  90点
7位  87点
8位  85点
となり、ハイレベルな戦いとなりました。
3回✕5技=15回すべて成功した人が3名いました。この3名には「予選パーフェクト賞」を授与しました。
ベスト8でのトーナメント戦は、3選技で同点の場合は、実際に対戦した3選技のレベル平均値の高い方が勝ちとしました。

結果は、
☆選技部門 優勝 尾形 光選手
     準優勝 福田 瑛選手(小学生) 

☆生き残り(サバイバル)部門
     上級の部 優勝 本堂紘介選手、準優勝 尾形 光選手
     中級の部 優勝 飯田 稔選手
     初級の部 優勝 堀江和花選手(小学生)、準優勝 堀江まや選手
決められた各クラスの技を行い、成功した人のみが次の種目に挑戦できるサバイバル競技で、チャンスは2回。1回目で成功すれば、2回目はお休みとなります。
1種目〜5種目までは、全員での同時進行とし、6種目からは初級、中級、上級の順に前に出来てきてもらって行いました。中級は4種目の時点で残ったのが一人となり、優勝が決まったため、準優勝は決めませんでした。

☆もしかめ部門
 今回は、椅子取りバージョンで行いました。
 椅子を円を描くように配置し、もしかめをしながら立ったり、座ったりしていきます。そして、選手が立ちながらもしかめをしている間に椅子を徐々に減らしていきます。
 途中で玉が落ちれば失格です。椅子に座れなくても失格です。

 椅子が1つになった時点で、残ったのは3名。

 そして、椅子の争奪戦の中で、もしかめが失敗していく中で、もしかめが中断することなく椅子に座ることができた坂本顕大選手が優勝しました。

最後に、全体写真。
今まで(3回)の優勝者の記録はこちら↓
http://seihokutokendama.blogspot.jp/p/blog-page.html

来年はさらに楽しめるけん玉大会にしていきたいと思います。

2016年10月20日木曜日

第3回西北都けん玉大会 会場変更のお知らせ

大変申し訳ありません。
会場の変更のお知らせです。

10/22(土)の西北都けん玉大会
◆まなぽーと成増 成増生涯学習センター
(旧成増社会教育会館)
南レクホール(150人キャパ)

所在地


   〒175-0094 板橋区成増1-12-4
・東武東上線「成増」駅徒歩7分
・東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増」徒歩5分

13:30受付開始
16:15完全撤収
アクセス、キャパ共によくなっております。
おまちがえの無いようお越しいただければ幸いです。
参加予定の方々に情報拡散いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

2016年10月15日土曜日

第3回西北都けん玉大会の事前申し込み

第3回西北都けん玉大会(10月22日13時30分〜受付)は、前回より事前申し込みを行っています。
受付がスムーズにできるように事前申し込みを導入してみています。



当日の申し込みも受け付けますので、お誘い合わせの上、ご参加ください。

2016年8月11日木曜日

第3回西北都けん玉大会は10月22日に決定!

2016年も西北都けん玉大会を行います!
毎年、10月の第4土曜日に行ってきましたので、今年も同じ時期に行います。
10月22日(土)の午後1時30分受付、2時開始 午後4時30分閉会予定。

参加出場資格 どなたでも参加できます。初心者大歓迎です。
参加費 300円
大会内容
選技部門
 1〜5レベルの技から5つの技を選び、合計点数の高い人8名が予選通過とし、トーナメント制で優勝者を決定する大会です。レベルの高さがそのまま点数となり、3回連続成功するとボーナス点として+10点となります。

決勝戦は3選技で、引き分けの場合はよりレベルの高い技(5選技の平均レベル値)を選んでいる方が勝ちとなります。
優勝決定戦のみ5選技までして、優勝を決めます。

☆生き残り部門(サバイバル)
 初心者クラス、中級クラス、上級クラスに分かれて行ないます。
 上級クラスは、「すべり止め極意」ができたことがある人が対象です。
 中級クラスは、「すべり止め極意」はできたことがないけれども、「世界一周」ができたことがある人が対象です。
 初心者クラスは、「世界一周」ができたことがない人が対象です。
いずれも1つの技につき、2回のチャンスがあります。
成功し続けた人が勝ちとなります。
最終的に1名になるまで、対決は続けます。
最後の2名が同時に敗退となった場合は、もう一回、同じ技で勝負します。
それで、2名両者が失敗、あるいは成功した場合は、次の技に移っての勝負となります。
予定の戦技内で終らなかった場合は、審判団により、新たな技を提示します。
 最初の5種目は、全員で行います。
<<初級>>
1,おにぎり大皿
2,大皿〜大皿ジャンプ5回
3,小皿
4,中皿
5,ろうそく
6,手のせうぐいす〜大皿
7,とめけん
8,前ふり中皿
9,前ふりろうそく
10,とんぼ
11,大皿ストライク
12,手のせ大皿〜けん
13,飛行機
14,もしかめ10回
15,らくらくひっつき虫

<<中級>>
1,とめけん
2,前ふりろうそく
3,おみこし
4,飛行機
5,ふりけん
6,野球けん(1塁打)
7,県一周(中皿〜けん)
8,日本一周
9,手拍子つるし持ち(手拍子2回以上)
10,手のせうぐいす〜けん
11,空中ブランコ
12,灯台
13,世界一周
14,けん先すべり
15,さか落とし
16,はねけん

<<上級>>
1,さか落とし
2,地球まわし
3,うらふりけん
4,宇宙一周
5,うぐいす〜けん
6,つるしとめけん〜地球まわし
7,玉つきさし(天中殺)
8,はねけん
9,灯台〜けん
10,金魚すくい〜大皿さか落とし
11,つるし飛行機〜はやて中皿
12,うぐいすの谷渡り
13,すべり止め極意
14,けん先おもてうらすべり
15,つるし一回転飛行機〜灯立
16,天地二段
17,すべり止め極意〜極意渡り
18,二回転飛行機
19,月面着陸〜さか落とし
20,二回転灯台

☆もしかめ部門
 もしかめがどれだけ続くかを競います。
 詳細はこれから検討します。8時間も続けることはできませんので、西北都のローカルルールを検討しています。


事前受付を開始しました。
どうぞよろしくお願いいたします。



2015年10月28日水曜日

第2回西北都けん玉大会の結果報告2

第2回西北都けん玉大会の結果を報告します。

会場 仲町地域センター 第一レクホール
   東京都板橋区仲町20−5
  (最寄りの駅は東武東上線の大山駅、中板橋駅です。)

日時 2015年10月24日(土)13時〜開場&受付

13時〜14時30分:けん玉練習タイム;技(7種類)を選択する時間。
どれにしようかな?レベルが高くて成功率の高い技をどの順番で入れていくか?
予選の様子
技を選ぶ順番が運命の分かれ道かも。
 14時30分までそれぞれの思いを乗せて用紙に書き込む時間となりました。

14時30分〜17時 けん玉大会
大会内容(概要)


 ☆7選技部門(予選)
  予選通過は10名。トーナメント戦 

  優勝  堀江泰晃(小学生)選手
  準優勝 畑 慎也 選手

 予選通過者の点数は以下の通りでした。
 1位 118点(上級者)  平均4.1レベル 準決勝戦敗退
 2位 112点(上級者)  平均4.0レベル
 3位 110点(中級者)  平均3.14レベル 小学 準決勝戦敗退
 4位 106点(上級者)  平均3.1レベル 準優勝
 5位  94点(上級者) 平均3.85レベル
 6位  91点(上級者) 平均4.0レベル
 7位  85点(上級者) 平均4.4レベル
 8位  80点(初級者) 平均1.0レベル シニア
 9位  69点(中級者) 平均3.4レベル 小学 優勝
 敗者復活〜カウントアップ(とめけん〜飛行機)で最多回数者
  → Y選手(上級者)45点 平均5レベル 
  
優勝した堀江選手は予選では9位、準優勝した畑選手は予選では4位でした。
予選で高得点者が勝つという流れではなく、予想のできない展開となりました。
 準決勝戦で、小学生同士の対決となり、両者共に譲らずの0対0となり、どちらが平均レベルが高いかで勝敗が決定する場面がありました。3.4 対 3.14
わずかの選技でのレベルの違いが勝敗の分かれ目に。
来年は、どの技を選んでトーナメントに臨むか?
技選びが勝敗の分かれ道でしょうか。
 


今回は、優勝、準優勝以外にも、賞を設けました。
 トップポイント賞 予選で最も失敗が少なかった人に贈られました。
 ブービー賞 予選で下から2番目の順位の人に贈られました。

  ☆生き残り(サバイバル)部門
   初級(世界一周ができたことがない)
   中級(世界一周ができたことがあるが、すべり止め極意ができたことがない)
   上級(すべり止め極意ができたことがある)

  上級の部 優勝  塩野入知子 選手
       準優勝 津久井智之 選手 
   優勝と準優勝が決定したのは、10種目の「つるし飛行機〜はやて中皿」でした。 


  中級の部 優勝  田口結大(小学生)選手
       準優勝 石谷航太(小学生)選手
    優勝と準優勝が決定したのは、16種目(最終種目)の「はねけん」でした。
   それも、残り二人共に2回失敗し、3回目で優勝者が決まりました。

  初級の部 優勝  吉田光太郎(小学生)選手
       準優勝 堀江まや 選手・野久泰子 選手
    優勝と準優勝が決定したのは、7種目の「とめけん」でした。

 ☆もしかめ部門☆
   対象:過去に10分以上できたことがない方を対象としました。
  その中で、一人だけが10分を超えることができました。
  優勝は、堀江泰晃(小学生)選手でした。

  小学生の堀江選手が、7選技部門ともしかめ部門の2部門優勝となりました。
  来年の小学生の文科杯が楽しみです。

賞状を大放出!これをきっかけに更にけん玉のレベルアップして、さらに楽しんでいただきたいと思いました。